今更踊りの持ち味に気付く

最近気付いた事は、自身はダンスが好きです。
ダンス経験があるのかと言うと実にありません。
勉学でしたダンスとか、小さい時贔屓だったモー娘。のダンスを小気味よく真似してたくらいです。

そうして最近好きなアーティストがダンスが上手な人類ばかりで、しかも歌も贔屓だけれど、ダンスのほうが贔屓だと気付きました。
そこから人は本当はダンスしたいんじゃないか?と言うことに気付きました。
いい大人ですし、今からダンスって・・・と思っていましたし、今も何しろ思います。
でもしたいのかなと思います。

思い切り身軽に踊ってみたいものです。
歌は遅ればせ甚だしく賢くなる可能性もないので、ダンスならちょっとずつならば賢くはなりますよね。
そこでどうして練習していいのかがわかりません。
今の段階で人類と一緒に発展するのは恥ずかしいです。

それでほんとに独学からですが、今好きなアーティストは大いにプロフェショナル仕様なので握りこぶしからまねすれば良いんでしょうか?
踊れる気持ちはしないけれど、適当に音楽に私を任せてダンスするのも有りかもしてません。
今の方は勉学の教科でダンスをすると聞いてさんざっぱら羨ましいです。
ダンスって生活を面白くするのに持ってこいじゃないかなと思います。給料の半分以上を支払いに回すことがあれば整理も考えましょう

優秀であった真田一族

いつも面白くNHKの大河ドラマは真田丸を見ております。こちらの主役は真田信繁ですが、真田一族というのは君たち優秀なほうが多かった様に思っています。たとえば真田信繁のお父様の真田昌幸ですが、徳川という大軍をちっちゃな上田城で二ごとも撃退に成功させています。これがとりわけ真田一族の栄光を高めたものだと思います。そうしてその真田昌幸のお父様の真田幸隆も優秀な手法であったと思います。こちらの真田幸隆も武田信玄に仕えた戦国武将ですが、武田信玄ですら攻め落とせなかった砥石城を楽に攻め落として見せます。その真田幸隆の長男と次男も優秀な手法であった様ですが、残念ながら長篠のマッチで戦死してしまいます。その結果、真田昌幸が真田住居を継ぐことになります。無論、その真田昌幸の次男坊である真田信繁は戦国最後のマッチと呼ばれる大阪冬のらと夏場のらで大活躍します。そうして見ると真田一族は君たち優秀なほうが多かったことが分かる様に思います。顔の吹き出物の原因は、色々あります