フィラリアの警備接種

住宅では犬を飼っているのですが、これからフィラリアプロテクトをしてくださいと、かかりつけの獣医からレターが届きました。
フィラリア予防には1ヶ月に一つ、おヤツ感覚で食べられるチュアブルタイプの品物もありますが、1ヶ月に1度の服用を忘れてしまいそうなので、ウチの犬は日々、フィラリア予防には1時代有効なプロテクト注射を打ってもらっています。
先ず、ウチの犬にとっては美味く食べられるチュアブルタイプのお薬のほうが有り難いのでしょうが、今年も毎年通り1時代アリのプロテクト接種を打ってもらいました。
かかりつけの獣医の先生にも「いつもの注射にします?食べる型式にします?」と声をかけられ、短時間どうしようかと思うのですが、「忘れみたいなら、注射がいいですね~。」と言われると、何となく自信がないので、注射を選んでしまうんですよね。
我が家の犬も注射だと察したのか、診察客席の上でおとなしく注射を打ってもらっていました。
飼主のあたしにとってもフィラリアのプロテクト接種の支払は痛いですが、素晴らしい犬を疾病から守る結果なので、仕方ないですね。オッパイの黒ずみで悩む女性はたくさんいます